生理前の不調。

私は現在生理前でPMSの色々な不調が酷くて酷くて仕方ないのですが、生理前の色々な不調は、仕事にも差し支えがでますし、昔から辛いものが有ります。
やはり、生理前の症状の対策には、やはり低容量ピルを飲む事が一番良いと思います。私は、専門学校生の時から、婦人科に通っていて、低容量ピルを飲んでいるのですが、大分PMSが低用量ピルを飲む前と比較して大分マシになった気がします。
生理前3
あとは、PMS対策で漢方を飲むのも、私的にはより良いと思います。私は現在婦人科に通っていて、漢方を貰っているのですが、体が薬が効き易い体質だからか、漢方が効いて居る様な気がします。

 

あとは、やっぱり体を休めることが特に大事なのではないかと思います。生理前は風邪とかひきやすくなりますし、疲れ易くもなりますし、何より眠くなります。私がそうです。生理前不眠にもなります。
あと、生理前はイライラして色々細かいミスが多くなる気がします。
だから体を休めるのが大事なのです。

 

生理前はよく眠ってる(1日9時間近く・・・)気がしてならない私が居ます。
あと豆乳飲むのも良いと聞いたから、豆乳を飲んでいる私が居ます。"

生理予定日を意識するだけでも気持ちの持ちようが変わります

生理前2
ひと月の間にとても情緒不安定になる時期があります。生理前の一週間です。その時期は小さな事も気になってすごくイライラしてしまいます。逆に悲しくなって悲観的な気持ちになる時もあります。
それが生理前には女性なら誰しもなりうる事だと知ってからは大分気持ちが楽になりました。そして、なんとか対策は出来ない物かと情報収集したり病院の先生に相談したりしました。

 

最初に行ったのは、生理予定日をしっかりと把握するという事です。今は生理日予測アプリがあるのでそれを活用し、生理予定日一週間前になると、この先の情緒不安定は女性ホルモンの影響なんだ!と思うようにします。意外とこの生理前を意識する事は精神安定の為には有効です。そのイライラが自分のせいだと思わずに客観的にとらえると、気持ちが楽になります。簡単なようでとても効果があります。
そしてもう一つは普段以上に食生活に気を付ける事です。生理前はどうしても食欲が出てしまうので、何でも食べたくなってしまいます。そんな時こそ野菜をしっかり取る事が大切です。食生活が乱れてくると、心身ともに不調になりやすいからです。でもだからと言ってあまりにも制限しすぎるのも良くないので、適当に調整するようにします。

 

簡単な対策でもやる・やらないとでは不調時期の心身の状態が変わってくるので、毎月生理前になるとどうやったら体も心もこの時期を楽に過ごせるか気に掛けるようにしています。

 

冷え知らずで生理前症候群を予防

女性であれば多かれ少なかれ生理前の体調不良を経験している方は多いと思います。毎月やってくる生理…憂鬱に感じる方もいるのではないでしょうか。生理前から開始のサインの様にあらわれる生理前症候群、女性にとっては辛いものです。

 

日頃から気をつける事でこの生理前症候群が予防できる事をご存知ですか??こちらも女性の多くが抱える悩み、冷え性です。

 

夏場でも手足が冷たい方、夏の冷房が辛い方、体が温まらない方は何か対策をしていますか??一番効果的なのは半身浴です。体を温める入浴剤を入れるとより効果的で、毎日1時間程の半身浴を続ければ大分変わると思います。

 

また食生活も基本となり、体を中から温めるには生姜を使ったお料理を意識して下さい。最低1日1食は生姜の入ったスープなどを取ると1ヶ月程で効果が現れてきます。体質改善ですね。

 

大人になると運動をする機会は減ってしまうと思いますが、定期的な運動も体力をつけ体質の改善が期待できます。冷え性を治すと眠りにつくのが早くなったり朝起きた時の気だるさがなくなるなど、ストレスや疲れの緩和にもつながります。

 

日々気をつける事で生理前の体調不良は改善されます。
また>冷え性には葉酸サプリも効果的と言えます。マタニティや妊娠時期に摂取する事が多い葉酸を
たっぷりと身体に入れる事で冷えを予防します。
葉酸サプリランキングなどでチェックすれば無添加の葉酸サプリを探せそう!!
生理前1