生理前の不調の改善のための、心理的方法や運動などについて

女性は、生理前一週間前後は、ホルモンのバランスの変化やセロトニンが減少でストレスに対する耐性が弱まり、イライラやうつ的な症状が出がちになります。そのほかにも下腹部の痛みなどの直接的な症状も出て憂鬱さがさらに増す事もあります。
生理前9
対策法として、まずこの時期は自分自身でも色々な面でセーブするという事です。いつもよりイライラしやすいと自覚するだけでも、行動や思考が必要以上にマイナスになるのを抑えられます。この時期は何事にも無理をしない事が肝心です。このイライラは生理前だからなるものだとわかっておくことが大事です。

 

またこの時期はセロトニンが不足するものなので、増やすために、朝日に浴びる事や、運動、全身を伸ばすストレッチ、また目を閉じて体に意識を集中しリラックスする自律訓練法や瞑想などで心を落ち着ける時間を持つことも大切です。下腹部の不快感の対策としては、お風呂でじっくり温まることや、お腹周りのリンパのマッサージやツボ押し、女性は骨盤がゆがんでいる事も多いので、骨盤矯正のストレッチなども痛みの軽減に役立ちます。

生理前のトラブル対策について

もうかれこれ20年近くも生理前の不快な症状に悩まされ続けています。主な症状というのは、だいたい生理予定日の1週間前ぐらいから胸が張って来て痛みがでてきたり、酷い偏頭痛が起きて立っていられなくなってしまったり、首や肩が急激に張ってきて痛みが出て来てしまったり、わけもなくイライラして家族に当たり散らしてしまったりと、あげていけばきりがないぐらいに数多くのトラブルが起きてくるのです。

 

こういった不快症状のすべては、生理が一旦始まるとあっというまにスゥーっと簡単に引いて行ってしまうのですが、それまでの1週間の苦痛はまるで嘘だったかのように感じられるほどなのです。

 

しかしこの生理前の不快感は年を追うごとに酷くなる傾向にあるように感じ始めて、これでは仕事にも差し障りがあるということでネットでこういったトラブルの原因となっているホルモンのアンバランスを整える作用のあるサプリが無いか色々調べてみたらプエラリアのサプリが効果があるらしいということが分かったのです。

 

ネットで購入したプエラリアミリフィカのサプリを夜に飲みはじめたところ、その月の生理予定日前には、あれほど酷かった生理前のトラブルの諸症状が殆ど起きなかったのです。こんなに快適な生理前を過ごせたという事には本当に感激しました。

 

今ではプラエリアのサプリが手放せない存在となっています。これさえあれば不快な思いをしなくて済むと思うと本当に生理が気にならなくなりました。生理前8